• みんなの「おっぱいバイバイ」体験談

    断乳、卒乳、親子の数だけドラマがあるんですね!感動です!

    分かり合えた瞬間から子供が変わった!

    2歳で読みました バイキンマンのママ さん

    私の体調の問題もあり、断乳を決意。厳しく「ダメ」と言っては「おっぱいのむ〜」とギャン泣きするの繰り返し...。パパは仕事で不在が多いので一人での挑戦が続き、ついに断乳自体に疲れ諦めた時にこの絵本に出会いました。毎晩読んでいるうちに「おっぱいバイバイ〜」と子供が言い出して分かりえた瞬間が!それから理解したのかギャン泣きしなくなりましたそして徐々に飲まなくなりました。子供にちゃんと伝えることの大切さを実感しました。

     仕事復帰に向けて断乳成功!

    AMAZONレビューより

    1歳3か月の息子は混合なのですが、寝るときには絶対おっぱいが必要で…。
    そんな息子が断乳できるか不安になっている時にこの絵本と出会いました。
    1か月くらい毎晩読み聞かせして徐々に回数を減らし断乳スタート。はじめの1週間は泣いて大変でしたが、そのうち離乳食をどんどん食べるようになり断乳成功!絵本の中に出てくるおにぎりを真似て作ったらとても喜んでくれました。

    断乳後もとても気に入ってお出かけの時も持っていく絵本になりました。

    この絵本こそパパが読んであげたい。

    1歳半で読みました ぽっぽさん

    多くの乳児は「パパよりママ〜!」現象だと思います。1人で子守りしている時も「ママ〜ママ〜」と泣かれて困ってしまいます。ついつい録画したアニメやNHKに頼ってしまいます。ママの方が必要な事の一つが「授乳」ならば、そのバランスを撤回するチャンスだと思いました。息子をおっぱいから開放(笑)する事で「パパ期」が来る事を願っています!繰り返しのリズムが読みやすい文章です。絵本の中でバナナを「ナナ〜」と言い出した時は感動しました。仕

    育児中のママ達にそっと寄り添う絵本

    3歳で読みました そんちゃんママ さん

    離乳食期もすっかり過ぎた頃にこの絵本に出会いました。しかし、冒頭にあるママへのメッセージにグッときました。思わず涙がこぼれてしまいました。母乳派とかミルク派とか関係なく、さまざまな境遇のママパパにプレゼントして喜ばれる絵本です!この絵本は育児を頑張っているママ達にそっと寄り添い、応援してくれる存在です。文章も思わず口にしたくなることばが並んでいるので、うちの子は暗記して「おっぱいバイバイ〜」って言っていました。

    思わず泣いてしまった。初めてかも...

    AMAZONレビューより

    はじめは、水彩のかわいい、やさしい、おいしい絵本という印象。
    もう三歳なので卒乳に近かった時期に読みました。
    息子は食べ物に夢中でした!「よんでー」とお風呂上がりに持って来ます。私はオムツ一枚で立っているページやぎゅ〜っと抱っこしているページで育児の色々を思い出して涙が込み上げてきました。こんな時は一瞬なんだな。。。と
    絵本で泣いてしまったのは初めてです。

  • Amazon , 絵本ナビ , 書店などでご購入いただけます

  • みなさんの感想お待ちしています

    ご意見、ご感想、そしておっぱいバイバイストーリー、ぜひシェアしてください。